登記留保について

査定・お問合せ

お電話でのご相談0120-881-774

メールでのご相談

不動産用語集- glossary -

不動産専門用語の解説随時情報を更新しております

登記留保(とうきりゅうほ)

登記留保とは、抵当権設定契約を締結するが、実際に登記をすることなく、登記を留保するです。

動産・債権譲渡特例法に基づく登記をしない債権譲渡担保契約において、契約は締結するものの実際に通知・承諾という対抗要件を具備しないで留保する場合も登記留保の一例です。
(登記型の債権譲渡担保契約を締結しつつ登記を留保する場合も同じ)

登記留保がされる理由としては、登記に要する登録免許税を節約する、登記をすれば対外的に借入等が開示されることから信用不安が生じるのでこれを避ける等、様々な理由があります。

不動産担保ローンは
ノンバンクの
「柔軟さ」と「スピード」

最短1日でご融資できるケースもあるのがノンバンクだからこそできるスピードと柔軟さ。
お客様ひとり一人に対して、親身になってご相談をさせて頂いております。

ご不明な点やご不安な事など、ご相談・お問合せください初めてのご利用で、わからない事などどのようなことでも結構ですのでお気軽にご相談ください

0120-881-7749:00-18:00月-金(土日祝休み)

まずは、3つのタイプから
ご提案します融資をご検討の方は業種をご選択ください

ご利用用途はいろいろ様々なご要望に柔軟に対応します

担保不動産を重視し、融資をしております大阪府・兵庫県・近畿圏以外のエリアの担保物件もOK

多様なご返済方法が特長ですご希望のご返済方法をご選択ください

PAGE TOP

サービスのご案内