総量規制について

査定・お問合せ

お電話でのご相談0120-881-774

メールでのご相談

不動産用語集- glossary -

不動産専門用語の解説随時情報を更新しております

総量規制(そうりょうきせい)

個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外として借入総額に含まない借り入れもあります。)

貸付の種類には、「個人向け貸付け」「法人向け貸付け」の2種類がありますが、そのうち、個人がお金を借り入れる「個人向け貸付け」に関しては、貸付総額が制限されております。

しかし、「法人向け貸付け」に関しては総量規制の対象にはなりません。 また、個人が事業用資金として借入れる場合も、原則として総量規制の対象とはなりません。

個人貸付の総量規制の対象として、クレジットカードを使用した借入れ(キャッシング)も含まれますので、年収の3分の1を超える借入れがある場合、新たな借入れはできません。 一方、クレジットカードを使った商品購入(ショッピング)は、貸金業法の規制の対象外ですので、年収の3分の1を超える借入れがある場合でも、クレジットカードで買い物をすることは可能です。

例外としまして、総量規制は貸金業者からの借入れを対象としており、銀行の貸付けは貸金業法の規制(総量規制)の対象外です。したがって、銀行等からの借入れを合わせた結果、借入残高が年収の3分の1を超えていたとしても、総量規制には抵触しません。また、銀行のカードローンも、一般の銀行等の借入れ同様、総量規制の対象とはなりません。

担保不動産を重視し、融資をしております大阪府・兵庫県・近畿圏以外のエリアの担保物件もOK

多様なご返済方法が特長ですご希望のご返済方法をご選択ください

PAGE TOP

サービスのご案内