公売物件について

査定・お問合せ

お電話でのご相談0120-881-774

メールでのご相談

不動産用語集- glossary -

不動産専門用語の解説随時情報を更新しております

公売物件(こうばいぶっけん)

公売は、原則としてどなたでも参加できる、国(国税局、税務署)が差し押さえた 財産を入札などによって売却する制度のことです。 公売物件とは、滞納税庁が税金滞納により差し押さえられた不動産を、民間が行う競売によって売却する物件のことをいいます。

滞納された税金回収のため、各地方自治体・国などが、滞納者所有の不動産を売却するものです。 公売物件の競売は、各地方団体・国が定めた一定期間に入札を行って決定されます。

競売物件との違いは、競売物件は裁判所が管轄するものであるのに対し、公売物件は各地方団体・国が管轄するものであるという点です。

また、競売物件は債務不履行により差し押さえられた不動産であるのに対し、公売物件は税金の滞納のために差し押さえられるという点が異なります。

不動産担保ローンは
ノンバンクの
「柔軟さ」と「スピード」

最短1日でご融資できるケースもあるのがノンバンクだからこそできるスピードと柔軟さ。
お客様ひとり一人に対して、親身になってご相談をさせて頂いております。

ご不明な点やご不安な事など、ご相談・お問合せください初めてのご利用で、わからない事などどのようなことでも結構ですのでお気軽にご相談ください

0120-881-7749:00-18:00月-金(土日祝休み)

まずは、3つのタイプから
ご提案します融資をご検討の方は業種をご選択ください

ご利用用途はいろいろ様々なご要望に柔軟に対応します

担保不動産を重視し、融資をしております大阪府・兵庫県・近畿圏以外のエリアの担保物件もOK

多様なご返済方法が特長ですご希望のご返済方法をご選択ください

PAGE TOP

サービスのご案内