金銭消費貸借契約について

査定・お問合せ

お電話でのご相談0120-881-774

メールでのご相談

不動産用語集- glossary -

不動産専門用語の解説随時情報を更新しております

金銭消費貸借契約(きんせんしょうひたいしゃくけいやく)

借主が、貸主から金銭を借り入れてその金銭を消費し、その借入額と同額の金銭(利息付の場合は利息分も含めて)を貸主に返済するという契約のことをいいます。

住宅の購入者が購入資金を銀行などの金融機関から借り入れる場合、金融機関との間で金銭消費貸借契約を締結します。
一般的には、購入者は購入目的物である住宅を抵当として金融機関に差し入れ、金融機関がその住宅に抵当権を設定します。

金銭消費貸借抵当権設定契約では主に次の条項について取り決めがなされます。

1)借入金額、利率、返済期日、遅延損害金
2)延滞が発生した場合や債務者の信用状況の悪化が生じた場合の措置について
3)抵当権設定について
4)不動産が滅失した場合における追加担保の差し入れ
5)不動産の売却、賃貸借等の制限
6)火災保険への加入
7)保証人または保証会社による保証について

不動産担保ローンは
ノンバンクの
「柔軟さ」と「スピード」

最短1日でご融資できるケースもあるのがノンバンクだからこそできるスピードと柔軟さ。
お客様ひとり一人に対して、親身になってご相談をさせて頂いております。

ご不明な点やご不安な事など、ご相談・お問合せください初めてのご利用で、わからない事などどのようなことでも結構ですのでお気軽にご相談ください

0120-881-7749:00-18:00月-金(土日祝休み)

まずは、3つのタイプから
ご提案します融資をご検討の方は業種をご選択ください

ご利用用途はいろいろ様々なご要望に柔軟に対応します

担保不動産を重視し、融資をしております大阪府・兵庫県・近畿圏以外のエリアの担保物件もOK

多様なご返済方法が特長ですご希望のご返済方法をご選択ください

PAGE TOP

サービスのご案内